住宅ローンの審査の可決基準は?

新築の一戸建てを購入する時は3000万円ぐらいかかるので住宅ローンを組んで支払いをする人がほとんどでしょう。しかし住宅ローンを組む時は審査があるので可決されなければいけません。そこで住宅ローンの審査の可決基準を確認しておきましょう。

・年収が400万円以上

住宅ローンは30年以上の返済になる事も多いので審査ではある程度収入を得ている事を求めます。クレジットカードを作る時に審査では年収200万円であれば問題ありませんが、住宅ローンの場合は最低でも年収400万円になる事が多いです。

・信用情報に問題がない

金融取引をすると信用情報に履歴が残ります。正しい金融取引をしていれば信用情報を確認した時にこの人は信用する事が出来ると判断される事が多いです。しかし過去に金融事故を起こしていたりすると住宅ローンの返済をするのは難しいと判断されてしまいます。またキャッシングをしていると信用情報に履歴が残って住宅ローンを返済するのは難しいと判断されてしまいます。信用情報に問題がないのも住宅ローンの審査の可決基準になります。

SNSでもご購読できます。