断熱性のいい住宅とは

断熱材とは、外の温度を室内に伝え難くまた室内の温度を外に逃がさないようにする、壁の中に敷き詰められた建築材料です。通常ロックウールやグラスウール、また発砲スチロール状のものから出来ています。最近の注文住宅ではこの断熱材の効用を最大限発揮して冬暖かく、夏涼しい住宅、快適な住宅にはなくてはならないものになっています。

例えば冬、冬の冷たい空気は室内に取り込みたくないもの、そのために断熱性能のよい断熱材を利用します、また逆に夏場は性能のよい断熱材によってうだるような夏の暑さは室内には取り込めません。また断熱性能は住宅の気密の高さによっても実現できます。即ち住宅にはコンセント口、壁と柱の堺、サッシと壁の堺目など目に見えない隙間がたくさんあります。

ここから冬の冷たい空気が入り込みまた暖気はにげているのです。この隙間を出来るだけ気密テープや発砲状の断熱材で埋めてやれば断熱性能の高い家になります。断熱性能のよい家で快適に暮らしたいものです。

SNSでもご購読できます。